短歌のリズムも心地いい<短歌7句>(小学生コース) 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

レッスンギャラリー

トップページ > 作品ギャラリー > 俳句 > 短歌のリズムも心地いい<短歌7句>(小学生コース)

短歌のリズムも心地いい<短歌7句>(小学生コース)

小学生コース:焼津教室



 




◆なつおわり かぜひいてるまに あきむかえ とにかくいまは ただなおしたい
髙田 樹くん (12歳)

◆がいろじゅが あるみちすじは くれないで きれいなぬのが しいてあるよう
青木晟真くん (12歳)

◆あきのやま はっぱのいろが うつくしい あかやきいろの こうようきれい
望月菜々子さん(11歳)

◆ゆうやけで そらがそまった あかいろに ゆうやけぞらは あきのいりぐち
丸山なの華さん(12歳)

◆9がつきた なつのあつさは まだあるが 10がつきたら すずしくなるか
近藤陽香さん (12歳)

◆あきやまは こうようきれい けしきよい いきはやさしく かえりはこわい
宮内 優くん (12歳)

◆ふじさんは ゆうやけあたると あかふじだ かがやくふじは にほんのたから
安住龍祐くん (11歳)


 
対象コース
小学生コース
教室
焼津教室
生徒年齢
11歳・12歳
学習の狙い・講師からひとこと
アークキッズアカデミーでは、豊かな感性を、そして日本人の心を育むために0歳・1歳の頃から詩や漢詩、俳句、百人一首、論語、ことわざなどにふれています。
ママのお膝でニッコリ楽しく聞き、右脳(感性の脳)にインプットすることで無意識に言葉のリズムが大好きになります。
古来の文章はリズムや音が独特で心地よく、アークの右脳読みには最適なのです。

3~4歳になり、自分の意思で言葉が出るようになると、俳句の5・7・5のリズムに自分の言葉をのせて表現するようになります。
自分の作品ができたよろこびと共に、さらに俳句が好きになります。
幼児期に俳句が好きになっていると中学・高校で古典を学ぶ時、俳句の5・7・5や短歌の5・7・5・7・7がただの文字の並びではなく、心が動く言葉になっているので素敵です。
幼児期に良い刺激をたくさん与えることは、あらゆる面で大切な事ですね。

今回の作品は「短歌」です。
俳句より長い5・7・5・7・7のリズムで作ります。
文字が長いだけに、より深い情景描写や感情表現ができます。
秋の短歌、お楽しみください。

アークキッズアカデミーでは、0歳から少しずつ豊かな心と才能を育んでいます。
レッスン内容など詳しくは、0歳からの幼児教室「アークキッズアカデミー」まで。
無料体験レッスンも随時行っております。
フリーダイヤル 0120-415-737
生徒の感想
秋のイメージで作りました。
頭の中で描いた秋を5・7・5・7・7で表現しました。

お気軽にお問い合わせ・お申し込みください!

メールフォームでのお問い合わせ

体験レッスン申し込み・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-415-737(フリーダイヤル)

(受付時間 : 平日9:30〜17:30)

各教室へのお電話でのお問い合わせ

教室の詳細情報

  • 静岡教室054-274-1667
  • 焼津教室054-629-1445
  • 藤枝教室054-645-3388
  • 掛川教室0537-23-9314