新聞で世の中を知り「俳句」で表現<新聞学習・俳句>(小学生コース) 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

レッスンギャラリー

トップページ > 作品ギャラリー > その他 > 新聞で世の中を知り「俳句」で表現<新聞学習・俳句>(小学生コース)

新聞で世の中を知り「俳句」で表現<新聞学習・俳句>(小学生コース)

小学生コース:掛川教室








※一部抜粋

 
対象コース
小学生コース
教室
掛川教室
生徒年齢
小学4年
学習の狙い・講師からひとこと
『新聞学習』

「世の中のことを知りましょう」
という新聞学習は自主的にやる取り組みです。

新聞に興味を持つ。
気になる記事を見つけ、内容を丁寧に読む。
どんな記事だったのか、それについて自分はどう思ったのか、を記録。
次のレッスンで発表、という流れです。


社会に目を向け、今何が起こっているのかを知り、どうすればもっとよくなるか、など発展的に考える力が付き、文のポイントもつかめるようになります。
新聞学習を習慣づける事により、考える力=「左脳」が発達します。
さらにお友達との意見交換により、様々な意見を聞く力、理解する力が育ちます。
新聞学習は、小学校高学年から取り組みますが、園児や小学校低学年でも興味を持ってがんばる生徒がいます。


今回の作品は、小学4年生の生徒の新聞学習です。
夏休みに『毎日』新聞を読み、気になる記事を見つけ、自分の感想を書いていきます。
政治や科学、地域の情報、スポーツなどいろんな方面の記事に興味を示しています。
そして、さらに記事に関連した『俳句』も作りました。
俳句はアークの子供たちには慣れ親しんだ表現方法です。
小さいころから聞いていた五・七・五のリズムに、自分の言葉を載せて相手に伝える。
少ない文字数でいかに気持ちを伝えるか。
そんないろいろな技が詰まった俳句です。
作品は抜粋ですが、ぜひ読んでみてください。

新聞に興味を持つ。

まずは新聞を広げてみましょう。
そして、大きな見出しだけでも読んでみましょう。
何か心に止まる記事に出会えたら、内容を読んでみてね。


アークキッズアカデミーでは、0歳から少しずつ豊かな心と才能を育んでいます。
レッスン内容など詳しくは、0歳からの幼児教室「アークキッズアカデミー」まで。
無料体験レッスンも随時行っております。
フリーダイヤル 0120-415-737
 
 

お気軽にお問い合わせ・お申し込みください!

メールフォームでのお問い合わせ

体験レッスン申し込み・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-415-737(フリーダイヤル)

(受付時間 : 平日9:30〜17:30)

各教室へのお電話でのお問い合わせ

教室の詳細情報

  • 静岡教室054-274-1667
  • 焼津教室054-629-1445
  • 藤枝教室054-645-3388
  • 掛川教室0537-23-9314